アウトドア☆ストーブ

ツーリングライダー必見!バイクでのアウトドアに適したストーブの選び方!ライダーの為のライダーによるキャンプ用品ガイド
 

アウトドア☆ストーブ

キャンプツーリングに適したアウトドアストーブの選び方

アウトドア☆ストーブ〜激安キャンプ用品

トップページ> ストーブの選び方
 

◆キャンプツーリングでのコンロ(ストーブ)の選び方

キャンプの楽しみはなんといっても食。インスタント麺とレトルト丼でもキャンプで食べる味は格別♪
テント泊になれたら自炊にチャレンジしましょう。じっくりいいものを選びましょう。

◆シングルコンロの形態について
@ 一体型
ガスに直接取り付けるタイプです。コンパクト性にすぐれていますが、安定性に欠けるのと、鍋を上に乗せた状態での火加減がむずかしい。
A分離型
ガスボンベからホースで繋がったベッタイの五徳を持つものです。 重心が低いので安定します。また調理時の火加減も火から離れた状態でできるので楽です。

◆燃料について

メリット
デメリット
キャンプガス

・寒冷地用ガスを利用することで、寒冷地でも安定した火力が得られる
・火力調節がしやすい

・カセットガスに比べて燃料が手に入りにくい
(ホームセンターや釣具店などで入手可)
・カセットガスに比べて燃料が高い
カセットガス
・燃料がどこでも手に入る
・キャンプガスに比べて燃料が安い
・火力調節がしやすい
・寒冷地での使用は火力が安定しにくい
ガソリン
・火力が強い
・最悪ガソリンが使える(機種による)
・嵩張るタイプのものが多い
・ポンピング作業が必要なものが多い
・機種によりタンクが熱くなり、長時間使用不可
・メンテナンスが必要
マルチタイプ ・灯油、ホワイトガソリン、ガソリンが使えるので燃料が手に入れやすい
・火力が強い
・嵩張るタイプのものが多い
・価格が高い
・メンテナンスが必要
固形燃料
・価格が安い
・軽量でコンパクト
・火力が弱い

どれも一長一短ありますが、厳寒期や高山でのキャンプでなければ、カセットガス式のガスのものが値段も手頃で燃料も手に入れやすいのでお勧めです。また凝った料理をするなら分離型をお勧めします。

◆選ぶ際の注意点

@燃料は何にするか?
できれば、ランタンと同じ燃料タイプで選ぶ方が、別々に燃料を持たなくていいのでベストです。やはりガソリン式より、ガス式の方がお手軽なせいか、普及率が高いようです。

A大きさ形状は?
コッヘルとのバランスを考えて、五徳の大きさ、安定性などを考慮しましょう。別体式(ガスと装置がホースで繋がっているタイプ)の方が、安定するので、大きな鍋などを使う機会が多い場合はお勧めです。またコンロ部分(ガスの出る部分)の大きさや、風防の有無などによって、熱量が違ってきますので、注意しましょう。
※機種によっては後づけの専用の風防などもあります。 防風スクリーンの利用などを考えましょう。

◆メンテナンス

ガソリンストーブは専用のメンテナスキットなども販売されています。マルチタイプのものでもホワイトガソリン以外の燃料を使うと、メンテナンスが必要になるようです。
ガス式ストーブの着火装置は壊れやすいので、修理も可能ですが、ないものと思ってライターなどを持参することをお奨めします。

ページトップへ


 テントの選び方
 シュラフの選び方
 マットの選び方
 ストーブの選び方
 ランタンの選び方
 クッカーの選び方
 その他の必需品

 テントサイズを比較
 人気テントを比較
 人気タープを比較
 シュラフを比較
 ストーブを比較
 クッカーを比較

ビクトリノックス特集
アウトドアシューズ
アウトドアバック
アウトドアウェア
秀岳荘オリジナル
石井スポーツ
アウトレットセール

全国各地のキャンプ場を24時間いつでも検索・予約することができます。

革ジャン・革パン特集
防寒ジャケット特集
ウィンターグローブ特集

Category 123456789101112131415
Copyright © キャンプ用品お買い得会場 All Rights Reserved