マット☆選び方

ツーリングライダー必見!キャンプツーリングに適したマット選び方!ライダーの為のライダーによるキャンプ用品ガイド
 

マットの選び方

キャンプツーリングに適したマット選び方ガイド

マットの選び方〜激安キャンプ用品

トップページ>Camp Guide〜マットの選び方
 

◆キャンプツーリングでのマットの選び方

要するに地面に寝るわけですから、快適に眠るにはほどよい柔らかさのマットが必要です。また寒さ対策には絶対に必要です。あるとないでは寝心地は雲泥の差です。

◆素材について

メリット
デメリット
エアーマット
(空気注入式)

・インフレターマット(ある程度自動で空気が入るタイプ)に比べて価格が安い
・軽くコンパクト
・地面の凹凸をかなり緩和する

・身体が安定せず、安眠できない(個人差あり)
・空気を入れるのも抜くのも大変
・穴が開いたら使用不能
エアーマット
(自動注入式)

・ある程度自動で空気が入るので設営、撤収が楽
・程よい方さと柔らかさで寝心地がいい
・軽くコンパクト
・地面の凹凸をかなり緩和する

・価格が高い
・穴が開いたら使用不能
ロールマット
(ウレタンマット)
・価格が安い
・かなり暖かい
・嵩張る
・地面の凹凸が気になる
フォームマット
・価格が安い
・地面の凹凸をかなり緩和する
・かなり暖かい
・嵩張る

どれも一長一短あり、寝心地に関しては個人差があるので、一概にはいえませんが、資金的に余裕があるなら積載性、寝心地ともに自動注入式のインフレターマット(エアーマット)がお勧めです。
聞きなれないフォームマットというのは、ウレタン素材で、ワッフルのように凹凸がついた折りたたみタイプのことです。

◆メンテナンス

要するに布団と同じですから、しまう前にはよく日に当てて乾かしましょう。インフレターマットは長期間の保管の際には、収納した状態でバルブを緩めておきましょう。もちろんスペースが許すなら袋から出した状態での収納がさらにベストです。万が一穴が開いた場合にはテント補修用のキットで直ります。

◆その他の注意事項

バイクでのキャンプの場合、ロールマットを荷物の外に出しての積載をよくみかけますが、寝具ですから、急な雨などに濡れぬよう、ビニールカバーなどで保護することをおススメします。

ページトップへ


 テントの選び方
 シュラフの選び方
 マットの選び方
 ストーブの選び方
 ランタンの選び方
 クッカーの選び方
 その他の必需品

 テントサイズを比較
 人気テントを比較
 人気タープを比較
 シュラフを比較
 ストーブを比較
 クッカーを比較

ビクトリノックス特集
アウトドアシューズ
アウトドアバック
アウトドアウェア
秀岳荘オリジナル
石井スポーツ
アウトレットセール

全国各地のキャンプ場を24時間いつでも検索・予約することができます。

革ジャン・革パン特集
防寒ジャケット特集
ウィンターグローブ特集

Category 123456789101112131415
Copyright © キャンプ用品お買い得会場 All Rights Reserved