シュラフ☆選び方

ツーリングライダー必見!キャンプツーリングに適したシュラフ選び方。ライダーの為のライダーによるキャンプ用品ガイド
 

シュラフの選び方

キャンプツーリングに適したシュラフ選び方ガイド

シュラフの選び方〜激安キャンプ用品

トップページ>Camp Guide〜シュラフの選び方
 

◆キャンプツーリングでのシュラフの選び方

真夏の海辺などでのキャンプはなくても大丈夫なくらいですが、山間部では真夏でも冷え込みます。季節と場所に応じて選びましょう。

◆シュラフの形態について

@マミー型
いわゆる「ミイラ型」。コンパクトで、ファスナーを上まで閉めることで保温性が高まります。封筒型に比べて高価ですが、小さく収納できて暖かいので、ツーリング向きです。

A封筒型
⇒ ものによっては上下セパレートにできたり、逆に2つを繋げて大きな布団のように使えたりします。価格は手ごろですが、嵩張ります。

◆シュラフの素材について

ダウン(羽毛)
化繊
値段
高い 安い
積載性
同じ対応温度ならコンパクトで軽い 同じ対応温度なら大きく重い
収納
畳まず適当にしまって大丈夫 畳んで収納するのが面倒
デメリット
水にぬれたら使い物にならなくなる
羽毛が縫い目から出てくる
多少の水ぬれなら大丈夫

◆選ぶ際の注意点

@廉価タイプは?
ホームセンターなどで売っている1000〜3000円程度のものは、ほとんどが化繊の封筒型になります。嵩張るのが難点。ですが夏場の普通のキャンプなら使えないこともありません。

A適応温度は?
メーカー記載の適用温度とは、あくまでも「快適に眠れる温度」ではなく、夏山などでもそれなりの装備の上で「耐えられる温度」です。なので夏場の信州や東北、北海道などなら、できれば−℃以下のものは必要でしょう。当然適用温度が下がるほど、羽毛、化繊ともに中綿重量が増え、大きくなってきます。

Bサイズについての注意
同じ規格のものでも、身長の高い人用の「ラージサイズ」などもありますので、自分の身体にあったサイズを選びましょう。シュラフの場合は「大は小を兼ねる」ではなく、大に小で利用すると、隙間が多くなるので寒くなります。

C シュラフカバー、インナーについて
ゴアテックスのシュラフカバーがあれば、たとえ、浸水したテントの中で寝ても大丈夫です。ただし廉価もののシュラフカバーは結露がすごいのでお勧めしません。シュラフカバーそのものは嵩張らないので、夏用シュラフ+シュラフカバーというスタイルもスリーシーズンの大きなシュラフを一つ持つより有効な場合も考えられます。またテントなしで野宿なんてことなら、夜露対策にシュラフカバーは必須アイテムです。インナーは防寒とシュラフ本体の汚れ防止に効果的です。

◆メンテナンス

移動時には雨に濡れないように注意しましょう。化繊は乾かせば大丈夫ですが、とはいえ、当日は利用できなくなりますので。
やはり寝具ですので、キャンプ場で利用の際にも、日差しに当てて干しましょう。
長期間利用しない場合は、しまう前に必ず、日にあて、羽毛などはできれば、袋から出した状態で保存した方がよいようです。それが無理なら、できるだけゆったりした状態で保存しましょう。
コンプレッサーなどを使用する場合は、保管時は外してゆったりした状態で保管しましょう。

ある程度使用したら洗濯をおススメします。羽毛シュラフは クリ−ニングによってダウンに染み付いた汗などの不純物を洗い流すことで、失われかけていたフンワリ感や保温力を取り戻すことができます。 モデルによっては専用洗剤で自宅で洗えるものもありますので、取り扱い表示を確認の上、不安なら安心できるクリーニング店に依頼しましょう。メーカーによっては自社製品のクリーニングを受け付けているところもあります。

 イスカ クリーニングサービス

ページトップへ


 テントの選び方
 シュラフの選び方
 マットの選び方
 ストーブの選び方
 ランタンの選び方
 クッカーの選び方
 その他の必需品

 テントサイズを比較
 人気テントを比較
 人気タープを比較
 シュラフを比較
 ストーブを比較
 クッカーを比較

ビクトリノックス特集
アウトドアシューズ
アウトドアバック
アウトドアウェア
秀岳荘オリジナル
石井スポーツ
アウトレットセール

全国各地のキャンプ場を24時間いつでも検索・予約することができます。

洗える羽毛シュラフ
洗える羽毛シュラフicon

羽毛用品専用洗剤
ニクワックス Loft ダウンウォッシュicon

イスカライトウェイトコンプレッションバッグ
イスカ(ISUKA) ライトウェイトコンプレッションバッグicon

革ジャン・革パン特集
防寒ジャケット特集
ウィンターグローブ特集

Category 123456789101112131415
Copyright © キャンプ用品お買い得会場 All Rights Reserved