もやし餃子

もやし餃子Lesson

餃子☆もやし餃子

キャンプツーリングで一人でも簡単にできる料理などを中心に紹介しています。
普段の『手抜き料理』としても充分使える簡単レシピなので、参考にしてみて下さいね♪
  ひき肉料理

スポンサードリンク

 もやし餃子

<ひき肉インフォメーション>
牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉の順にカロリーが少なくなります。鶏ひき肉はビタミンAが多く、豚ひき肉はビタミンB1を多く含みます。
餃子といえば、白菜かキャベツですが、1パックが大きくて、もてあましてしまいませんか?
アウトドアで餃子というのもなかなかいいですよ。
みんなでワイワイいいながら作って、焼きながら食べるのも楽しいです。
安くて栄養満点のもやしを使った餃子のレシピです。

<作り方>
@ニラはみじん切り、もやしは(暇ならひげを取って)みじん切りにします。
(ファミリーならお父さんや子供にやってもらいましょうね)
Aスーパーで小物用にもらう透明の袋に、豚ひき肉と塩をを入れ、袋の外からからこねます。
(手が汚れませんね)
BAに調味料をいれ、さらに袋の外からこねてまぜ合わせます。
Cそのまましばらくねかせて、餃子の皮で包みます。(このとき餃子から水分がでるので、パットなどに片栗粉をしいておきます)
Dフライパンをよく熱し、油をひいたら、餃子を並べ、20ccほどの水を回しいれ、蓋をして中火で蒸し焼きにします。
E 蓋を開けて、具が透けて見えるようなら火を強火にして水を飛ばします。
(このとき水が多いようならすて、焦げ付きが気になるなら、少しだけ油を鍋肌から回しいれます。)
F餃子のタレか、なければ、ポン酢、もしくは醤油+ポッカレモンにあれば、一味、ラー油などを加えて下さい。

味付けや具材の分量は、好みで適当でかまいません。
ごま油と醤油とコショウだけは必ずいれましょう。包んだ餃子は時間がたつと、水分がでて、皮がとけてしまうので、なるだけ食べる寸前に作りましょう。 もしもあれば、水のかわりに小麦粉を溶いたものを入れれば、パリッと焼けます。
ねえやんはキャンプ場ではテーブル代わりのベニヤ板にアルミホイルを敷いてパットの変わりにしています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<参考分量>アバウトでOK
  • 豚ひき肉(なければ合ミンチ) 150g
  • ニラ 1/4束
  • もやし 1/2袋
  • 醤油 2秒
  • コショウ 少々
  • ごま油 1秒
  • 味の素 少々
  • 醤油 小さじ1
  • 酒 1秒
  • ニンニク(お好みで) 1かけ
  • ショウガ(お好みで) 少々
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※参考分量について
アウトドア料理ですから、計量スプーンや計量カップで計るわけではなく、大まかな目安です。
ねえやんもいつもテキトーですので、味をみながらお好みでどうぞ♪


HOMEへページトップへ

 アウトドア料理レシピ
基本の調味料
鶏肉料理
ひき肉料理
野菜料理
きのこ・こんにゃく料理
魚料理
豆腐・卵料理
麺料理
ご飯料理
スープ
サラダ
お鍋
   
 My Bike Life
バイクとの出会い
愛車紹介
バイク旅のススメ
バイクでまわった日本の旅
旅の写真館
   
 自然と遊ぶ
なんちゃって登山&ハイク
北海道の山
北海道の湿原・湖沼
北海道の花
田舎暮らし考察
車でアウトドア
   
 For Women
トマト寒天ダイエット
書くだけダイエット
女性は大変なのだ

化粧品お得なセット
Yahooショッピング

Copyright ©アウトドア料理と野遊び All Rights Reserved