北海道の湿原

北海道の湿原

北海道の湿原

キャンプツーリングで一人でも簡単にできる料理などを中心に紹介しています。
普段の『手抜き料理』としても充分使える簡単レシピなので、参考にしてみて下さいね♪
  実際に歩いた北海道の湿原

 北海道の湿原

はっきりいいます!北海道で「なんとか湿原」とか「なんとか原生花園」、というのは、花の咲いてる時期に行かなくては、ただのなにもない草ぼうぼうの寂しい場所です。なので、山と同じように季節によって顔が変わるので、何度もいってみたくなるんです。

雨竜沼湿原
南厚寒岳、恵岱岳、群馬岳に囲まれた溶岩台地上に形成された、標高850m、東西2km、南北1kmと国内第2位の規模を誇る高層湿原です。
ですので、登山の準備が必要です。(入口で入山届けを出します)
大小百以上の池塘があり、湿原内には季節により沢山の花が咲き乱れます。
有名なのは7月半ば頃のエゾカンソウの群落。あたり一面が真っ黄色に染まります。
残念ながら2回チャレンジしましたが、エゾカンソウの開花時期ではありませんでした。
大沼テラスまでは、約2.5時間の登り。湿原散策路(一方通行)は約1時間。南厚寒岳を抜け、増毛へ抜けることも可能です。(所要時間約9時間)
写真は2006年の7月のもの。お天気に恵まれ、雪渓の残る南厚寒岳を望むことができました。(ですが、この写真を撮影した後は雲に覆われ、山全体を見ることはできませんでした)

南原湿原
利尻のオタトマリ沼の近くにある小さな湿原です。
マイナーな場所なので訪れる人も少なく、のんびりできる場所です。ミズバショウ、ワタスゲ、ヒオオウギアヤメ、エゾイソツツジ、ワタスゲなどが見られます。
運がよければ、沼に移る鏡富士がみれます。

松山湿原
片道約900m、30分ほどの登りです。 アカエゾマツに囲まれた3.5ha程の小さな湿原。
写真は2004年の6月、丁度ワタスゲが咲いている時期でした。
花の種類は少ないのかも。

神仙沼
駐車場から神仙沼までは20分ほど。湿原の中を整備された木道を歩きます。
たいていの観光客はわき目も振らずに沼を目指しますが、ワタスゲやチングルマの咲く湿原です。

鏡沼
ニセコアンフプリの中腹に位置する小さな沼。
場所は少しわかりにくいです。
道道58号線沿いに車が2~3台ようやく停められるくらいのスペースが2箇所あります。
駐車場から約1時間。ワタスゲの時期がオススメです。
私は2回行って、時期はずれのワタスゲの群落に出会えたのですが、残念ながらカメラが故障して撮影できませんでした。写真は秋のもの。

HOMEへページトップへ

 アウトドア料理レシピ
基本の調味料
鶏肉料理
豚肉料理
ひき肉料理
野菜料理
きのこ・こんにゃく料理
魚料理
豆腐・卵料理
麺料理
ご飯料理
スープ
サラダ
お鍋
   
 My Bike Life
バイクとの出会い
愛車紹介
バイク旅のススメ
バイクでまわった日本の旅
旅の写真館
   
 自然と遊ぶ
なんちゃって登山&ハイク
北海道の山
北海道の湿原・湖沼
北海道の花
田舎暮らし考察
車でアウトドア
   
 For Women
トマト寒天ダイエット
書くだけダイエット
女性は大変なのだ

  Copyright © アウトドア料理と野遊び All Rights Reserved