北海道の山

北海道の山

北海道の山

キャンプツーリングで一人でも簡単にできる料理などを中心に紹介しています。
普段の『手抜き料理』としても充分使える簡単レシピなので、参考にしてみて下さいね♪
  実際に歩いた北海道の山

 北海道の山

なんちゃって登山家のねえやんは、北海道にツーリングに行ったときだけ、北海道の山だけ登ります。
山が好きなのではなく、北海道の山が好きなんです。
いままで登った山の紹介です。

目国内岳  標高 1202m
初めて登った山です。「 めくんないだけ」と読みます。
前目国内岳(標高 980m)を経由して、一旦下って頂上を目指します。
登りタイムは約90分ほど、前目国内岳を一山越えるので下りタイムも同じくらいでした。写真は頂上からの眺め。ニセコ連邦と日本海、360℃のパノラマを楽しめます。

雌阿寒岳 標高  1499m
北海道の活火山です。2006年の小噴火で現在は入山禁止。→2007年は入山可能になっていました。
登りタイムは登り2.5時間、下りも岩場が多く2時間ほどかかりました。
オンネトーのキャンプ場から登り、野中温泉へ下りました。上から見るオンネトーはまさにエメラルドブルー。写真は頂上付近からの眺め。正面が阿寒富士。縦走する人も多いようです。

黒岳 標高 1984m
ロープウェイとリフトで7合目まで行くことができます。
頂上を過ぎてお鉢平をしばらく進むと、雲の平、お花畑が広がります。
頂上までの登りタイムは約1.5時間。
写真は頂上からの眺め。残念ながら、お鉢平を一周するほどの体力はありませんでした。

旭岳 標高 2290m
ロープウェイで標高1600mの姿見の駅までいけるので、そこからの登りは2時間ほど。姿見池付近散策に1時間ほど。
北海道で一番高いところです。
写真は登山道の途中から。

利尻 標高 1719m
ここを登ればたいていの山は登れるといわれます。というのもほぼ海抜0mからのスタートとなる為です。とはいえ、3合目のキャンプ場をベースにしてそこから鴛泊コースを登りました。沓形側は2005年度〜滑落の為立ち入り禁止になっています。
登りタイムは約6時間、下りタイムは約5時間でした。
残念ながら頂上付近は霧と雨に見舞われ、写真は下りの7合目付近です。

アポイ岳 標高 811m
花の山として有名です。5~8月はここでしかみられない固有主種の高山植物を楽しめます。見晴らしは頂上からより、馬の背を振り返る方がいいです。
登りタイムは2時間ほど。
写真は登山口入口で記念撮影。

礼文岳 標高 490m
登山道は笹薮を抜け、眺望が望めるのは頂上のみ。
利尻をきれいに見るなら最高のポイントです。
登りタイムは1.5時間ほど。
写真は頂上からの眺め。お天気に恵まれ、最高の景色でした。

羅臼岳 標高  1660m
岩尾温泉側から登りました。
登りタイムは約4時間、下りの苦手な私は何故か下りも4時間かかりました。
写真は雪渓ですが、6月半ばです。羅臼平の下で積雪80cm、羅臼平で20cmでした。登っては滑って、登っては滑っての繰り返しでかなり大変でした。
羅臼平まで登ると、正面に国後を間近に眺めることができます。

これ以外に低い山ですが、ニセコの白樺山、十勝の三段山などの登りました。でも素人なので、ゆっくり、ゆっくり、ね♪
紹介している登山タイムもあくまでも私のタイムなので、健脚ならもう少し短くなるはずです…

HOMEへページトップへ

 アウトドア料理レシピ
基本の調味料
鶏肉料理
豚肉料理
ひき肉料理
野菜料理
きのこ・こんにゃく料理
魚料理
豆腐・卵料理
麺料理
ご飯料理
スープ
サラダ
お鍋
   
 My Bike Life
バイクとの出会い
愛車紹介
バイク旅のススメ
バイクでまわった日本の旅
旅の写真館
   
 自然と遊ぶ
なんちゃって登山&ハイク
北海道の山
北海道の湿原・湖沼
北海道の花
田舎暮らし考察
車でアウトドア
   
 For Women
トマト寒天ダイエット
書くだけダイエット
女性は大変なのだ

  Copyright © アウトドア料理と野遊び All Rights Reserved